パワポデザイン論*Introduction: はじめに

パワポデザイン|はじめに

なぜインプットしてるの?

なぜあなたは情報・知識を得るの?

私たちは研究やビジネスなど様々なシーンで情報や知識を頭の中に日々インプットしています。インプットはとっても大切なことですが、そもそもなんのためにインプットしてるんでしょうか。

インプットすることだけに夢中になってませんか?そもそもなんのために情報や知識をインプットしているんですか?

情報は伝えることで役に立つ

研究だって、ビジネスだって、情報や知識は誰かに伝えることでその真価を発揮します。じゃあ、そのための、アウトプットのための勉強ってしてますか?

インプットと同じくらい、アウトプット、つまり「伝えるデザイン」を学ぶことは大切です。どっちもできれば、みんなHAPPYになります。

パワポデザインでアウトプット

アウトプットの方法はたくさんあります。ただ、今の時代、パソコンを使った方法が一番手っ取り早いです。SNSやYoutube(動画)なんかもいいですね。

デザインとなると、illustratorとかPhotoshopとか使えるにこしたことはないんですが、デザインが本職ではないノンデザイナーにはちょっと敷居が高いですよね。

では、どうやって伝える?

ということで、PowerPointを使ったデザイン、パワポデザインが、ノンデザイナーの研究者やビジネスマン、学生なんかには一番マッチしています。

ちなみに侮るなかれ。PowerPointはプレゼン資料だけでなく、ポスターやパンフレット、イラスト・ロゴ制作や動画作成だってできちゃいます!

こんなことしていませんか?

デザインの勉強をするツールは、参考書やWebサイトにもたくさんあります。でも、デザインは見るだけじゃ無理。なんでもそうですが、見るだけで絵が上手になったり、見るだけでスポーツができるようになったりしないですよね?

デザインの勉強は手を動かさなきゃダメです。手を動かして動かして、うごうごして、やっとちょっとだけできるようになります。ちょっとだけできるようになれば、後は研究者は研究に、ビジネスマンはビジネスに、ちょっとずつ取り入れていきましょう。

ちょっとだけでも「できる」と「できない」の差はとてもとても大きいです。見てるだけじゃ「できる」になることはありません。

このサイトでは、この3つができる

ということで、このサイトでは手をうごうごすることを意識して、まずは「デザインの知識・情報のINPUT」からはじめ、「練習用のパワポデータをDOWNLOAD」し、実際に「手を動かして練習するOUTPUT」までできるようにしています。

でも、まず手をうごうごする前に、デザインするときに知っておいてほしいことがいくつかあります。次へボタンを押して、さらさらっと読んでみてください。

 同カテゴリーの記事 

 人気記事